デトランス 手汗を平等主義のアプローチで考えて何かいいことあるの?
PageTop

手汗が異常に出る場合に考えられる病気



手汗が異常に出る場合に考えられる病気

日常生活に置いて、手汗が異常に出て悩んでいる方は意外と多いです。

この症状の病気として考えられるのは、手掌多汗症と呼ばれるものです。

そもそも多汗症とは、ワキ、足の裏など体のいたる所に異常に発汗する病気のことです。

手掌多汗症は、特に手のひらに多く汗をかく症状です。

手掌多汗症には、大きく分けて症状が3段階に分かれます。

まず第一段階は、手が湿っているレベルの症状です。

初期の段階で、手のひらに触ると汗ばんでいることが分かります。

次の段階では、手に水滴ができて濡れている状態となります。

この状態では、見た目でも汗をかいていることが把握できるほどになります。

そして最終段階では、手が濡れているとすぐに認識することができるくらいに、大量に汗をかきます。

この段階では、掌に水滴ができて汗が滴り落ちるほどになります。

そもそも手掌多汗症の原因のほとんどは、ストレスによるものです。

人間の発汗機能は、基本的に交感神経と副交感神経の自律神経に支配されています。

ですが、仕事などで多大なストレスを受けると、自律神経の働きが乱れてしまいます。

そのため、発汗機能をきちんと管理することができずに、大量に汗が出てしまうのです。

過剰な手汗を解消するのに有効な方法として、ツボ押しが挙げられます。

ツボを押すことで、体の発汗の機能を整えることができるからです。

手汗を抑制するのに効果的なツボとされているのが、「労宮」と呼ばれるものです。

この労宮には、ストレスを抑えて心身ともにリラックスする働きがあります。

労宮の場所は、手のひらを握った時に中指の先端が当たるところにあります。

ツボ押しの方法としては、深呼吸をしながら親指でまずは5秒くらい押していきます。

それから、次に5秒離すことを繰り返していきます。

そうすれば、自然と手汗が改善されます。

その他の解消方法としては、毎日の食事に気を使うことです。

たとえば、食事にチーズやバターなどの動物性脂肪がある食材を取り入れないほうが良いです。

これらの食品には、発汗を促してしまう作用があるからです。

その他にも、唐辛子、こしょうなど刺激の強い香辛料、コーヒー、栄養剤などのカフェインを多く含むものも控えたほうが良いです。

積極的に摂った方が良い食品は、野菜です。

野菜には、多汗症に有効とされる成分が豊富に入っているからです。

また、大豆などのイソフラボンを多く含む食材も多汗症に効果があります。

上記の方法に従えば、手掌多汗症を改善できます。


その1:手汗 病気
articlbottom

考えられる手汗の原因とその治療法



考えられる手汗の原因とその治療法

過度に緊張している時や精神的なストレスを受けている時に、異常なまでに多くの汗をかく場合は、精神性多汗症の疑いがあります。

この場合、多くは手汗や脇の下、足などに発汗が見られ、手のひらや足の裏に多いものを手掌足底多汗症と呼びます。

原因は交感神経に有り、特に敏感な人にその傾向が見られます。

末梢神経の一つに位置づけされる自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、食事中や睡眠中などリラックスしている時に働くのが副交感神経、反対にスポーツなど体を動かしている時に活発になるのが交感神経です。

交感神経が興奮している時は、アドレナリンやノルアドレナリンの作用により、血圧の上昇や血管の収縮、瞳孔の散大などが顕著に現れます。

このため、交感神経が過度に働く人は、無意識のうちに汗が出やすい状況に陥ります。

交感神経以外の要因では、更年期障害が考えられます。

更年期障害は、甲状腺ホルモンが過剰に働くことで、甲状腺機能亢進症になり、必要以上に汗をかくようになります。

更年期障害は加齢などによって、女性であれば女性ホルモン、男性であれば男性ホルモンの分泌量が減ることでも発症します。

喫煙が手汗の原因になることもあります。

タバコの煙に含まれるニコチンは、喫煙によって体内に侵入すると、興奮作用により血圧が上昇、血管の収縮などが見られます。

交感神経を刺激するため、必然的に汗をかきやすい状態になります。

喫煙は、その他の病気のリスクも高まる可能性があるため、自身や家族の健康を考え、吸わないことが最善の選択です。

このように、多汗症には複数の原因が考えられるため、不安な時は病院での診察が望まれます。

多汗症の改善方法にはいろいろなものがありますが、精神性多汗症に即効性のある治療法にボトックス注射があります。

ボトックス注射とはボツリヌス菌の注射のことで、神経を麻痺することで汗腺の働きを抑える効果が期待できます。

注射によって体内に侵入したボツリヌス菌は、ボツリヌス毒素の働きにより発汗の原因であるアセチルコリンを抑制します。

効果は永久的なものではありませんが、ボツリヌス毒素が体外へ放出されるまでの約3ヶ月もの間、効果が継続するとされています。

健康保険の適用外であるため、やや経費がかさみますが、手軽に効果を得ることができます。

薬剤を使用する場合、塩化アルミニウム配合の外用制汗剤があります。

汗腺を塞ぐ効果があり、直接的に汗を抑えます。


その2:デトランス 手汗
articlbottom

ストレスによる手汗



ストレスによる手汗

これから段々と気温が上がってきますので汗をたくさんかき、一日に何度もシャワーを浴びる必要があるかもしれません。

汗が出るというのは身体の代謝がいい証拠です。

しかし身体を動かした後でもなく、気温が高いわけでもないのに異常に汗が出る。

といった悩みを抱えている人は多くいます。

あまりにもたくさん汗が出るので恥ずかしい、と感じている人は多いようです。

全身から噴き出るように汗が出る人もいますし、身体のある部分から異常に出る。

といった人もいます。

例えばその一つに手汗があります。

人と握手をした時に、相手がびっくりするほど手汗をかいている。

鉛筆やボールペンをほんの数分握っただけなのに、手からポタポタと汗が出る。

会議やプレゼンで発表するためにマイクを握った時に、マイクから汗がこぼれおちる程汗が出る、といったことがみられる人もいます。

こういう症状を抱えている人は意外にも多く、その症状を抱えているために自分に自信を持つことが出来なかったり、人との接触を控えてしまう人もいます。

会社や学校に行くことを恐れてしまう場合があります。

それで、症状の原因を見極めて解決することが大切です。

では、手汗が出る原因は何でしょうか。

実は原因はいろいろあります。

緊張のために極度に手から汗が出る人もいます。

また他の原因としては、ストレスが関係しています。

人は生活しているといろんなストレスにぶつかります。

しかし、あまりにも大きなストレスや問題を抱えていたり、自分では処理できないような事を抱えているなら、自律神経の働きが崩れてしまい、その結果身体症状として手から大量に汗が出る。

といった症状が現れるのです。

それで、ストレスをできるだけためこまないようにしましょう。

例えば、対人関係でストレスを抱えている人であれば、人から言われた言葉や行動をすべて鵜呑みにするのではなく、そういう人もいる。

と軽く受け止めましょう。

また、仕事で大きな責任を抱えているなら、一度に自分ひとりで全部するのではなく、ひとつずつ果たすようにしましょう。

また、部下や同僚に頼める仕事であれば、お願いしてみんなで分担するようにしましょう。

さらに、信頼できる友人や家族に問題を打ち明けることによってもストレスを軽減することが出来るでしょう。

ストレスが少し減ると、手汗もだいぶなくなるようになります。

しかし、それでもなくならないようであれば医療機関に相談してみましょう。


その3:子供 手汗
articlbottom
PageTop
Footer